飲食店の人件費削減

オーダーシステムの導入について

セミナー会場

大手チェーン店の回転寿司や居酒屋に、タブレットで操作し注文するオーダーシステムが設置されていることがあります。これは従業員が行う接客の一部をオーダーシステムに行わせているものです。 飲食店向けのシステムですが、全ての業態に向くものではありません。ファミリーレストランやラーメン店など入店時に一通りの注文を行う業態よりも、居酒屋など何度かに分けて注文する業態ほどオーダーシステムのメリットを受けることができます。入店時に注文を行う店舗では、席についた後でまとめて注文することが多いため従業員が一度対応すれば注文が完了します。対して何度か注文する店舗は、注文の都度従業員が対応が必要になりますが、この手間をオーダーシステムが補完してくれます。

システム導入のメリット

オーダーシステムの大きなメリットは、人手を減らすことによる人件費の削減です。注文に対応する従業員を減らすことができるため、厨房などに他の部門に従業員を配置できます。 他にも、オーダーシステムで直接注文を取るため、客側や従業員の言い間違いや聞き間違いによるオーダーミスを防ぐことができます。また、客側はオーダーシステムにより注文履歴を確認できるので注文漏れや誤注文が無くなります。 別のメリットとして、ポイントカードなど顧客の属性がわかる顧客管理システムと組み合わせると、地域や性別、年齢層などで人気のあるメニューを蓄積することができます。チェーン店の運営本部は、蓄積された情報を基に新しいメニューの開発や店舗展開につなげることができます。